子どもの意欲を削ぐ関わり

親には親の都合があります

共働きもしています

時間の流れが違うので、子どもに、こうして、ああして、と言いがちな朝の時間…

わかります

自分のことはなかなか客観視できませんが、他人のことはよーく見えるもので

朝起きてきて、目に入った電車のレールから「電車しよーっと」と真ん中

夫がすかさず、「朝からやんなよ!ご飯食べろ」と、食卓の準備はまだできてないのに言っています

否定の声かけですねえ

真ん中の送迎は夫担当なので、朝は忙しいともわかります

(私は朝の出発が遅いのでブログも書ける余裕(°▽°)余裕ぶっていると朝遅くなる…末っ子送迎はイヤイヤ地雷が汗汗)

やりたい、という気持ちを認めて

朝ごはんの準備お願い、ご飯食べたらやろう、そんな声かけが

理想ですね!夫の

さぁ、自分のこともちゃんと見ていこう(・_・;

子どものことは穏やかに見守ろう!

どんぐり倶楽部の考えに賛同し第一子が年長の2018年頃よりどんぐり倶楽部を家庭学習に導入 / 導入後しばらくはうまくいかない時期があり同じような誰かをサポートできればと教室を作りました /  普段は看護師として週4日働いており、教室はそれ以外の日程で開いています /  3人の子の保護者として、どんぐりに躓き悩んできたユーザーとして、看護師として、私の学びが誰かを少しでも支援することができればと願っています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。