勉強ってどんなこと?

お絵描き算数学習支援活動を休止状態の私です

気持ちはあるのですが2歳児がいるとなかなか難しいか、自分の生活を崩して本末転倒になってはいけないですもんね…

ですが、先日子どもから直接リクエストがあってお絵描き算数の体験会をしてきました

保護者はいない場なのでお土産の絵をもって帰ってどう思うのかはわかりません(笑)

たぶんなんじゃこりゃ?としか…(⌒-⌒; )

そんなこんなの体験会だったのですが、やっていると周りの参加予定外の子どもたちも気になって集まってきました

私もやる!と言った子何人かとやって、久しぶりでしたが、やっぱり楽しかったです(^-^)

年長さん問題から2年生問題まで持っていきましたが、年長さん問題で戸惑っていました

一度で聞き取る、イメージする、というのは初回ではなかなかね、難しいです

考える、に辿り着かないなあと思います

数回続けると絵が続いてくるのがみててきて面白いですね どうだろう?やるかな?

知名度が低いので、リーチがない

アウトリーチしてもなかなか…というところなのですがそれも全然できていない(−_−;)

でもまたアウトリーチしていきたいなあ…

ひとつ気になったのは

私もやる!のうちの1人が、これ終わってからね、と宿題を始めたこと

漢字の反復学習

勉強するよ!というのは、イコール、言われたことをやること、量をこなすことなんだなぁと

そして、それを私に 偉いでしょ? とアピールしてきているんだなと感じました

悪いことではないんですが、その尺度で評価されるんだ、という思い込みというか、勉強は他人に評価されるためなのかなあ

自分のためにやってるのかな

反復学習やったらバカになるぞ!というどんぐり倶楽部過激派のようなことは言いませんが、せっかく友だちといる空間で時間がとられるよなぁ

楽しくやっている感じではないかな

勉強が言われたことをこなすことになってるんだなあ

というのは、なんともいえない気持ちはありした

ちょっとした自慢心を無下にはしたくないので頑張ってるね、と伝えましたが

その子はお絵描き算数は結局やりませんでした

宿題と公文の宿題があるので辿り着かなかったですね

もし、気になったらまた声をかけてね

押し付けない情報発信や体験会で、必要な子に届くといいな(^_^)

なお、我が家は宿題は最初は代行、2年目は免除、3年目は子どもの裁量でやっています

漢字ドリルは必要だと思うところをやっているようです

仕事をフルではないにせよ、それなりにしているのでIF法だったり、完璧などんぐり倶楽部の進め方はしていません(完璧な方法、があるのかどうかはさておき)

我が子にやる難しさもあり、夫に やっといて という時もあります

どうやってるのかは…ちょっと怪しいけど…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。