室内でできる遊び 布団でつくる秘密基地づくり

遊びは、子どもに必要な学びの場。
結果は重視せず活動できる大切な子どもの時間。
結果を重視すると、子どものころころと変わる好奇心を摘んでしまいますね。
遊びの合間合間に片付けはしてほしいのが本音ですが、その時その時で必ずしも完結させないといけないわけではないと思います。

メディアとのお付き合いを意識している我が家では、子どもたちは室内で過ごす時間には秘密基地づくりをしていることが多い気がします。

押入れにおもちゃを並べたり、一番好きなのは布団でつくる秘密基地…

布団がうまく屋根になるように載せたり、入り口を作ったり、試行錯誤、工夫を凝らして、素敵な宝ものを、少し狭い秘密基地の中に並べて、私が覗くと枕と布団たたきで攻撃して…

外遊び帰りの砂だらけの服で遊ばれるのは勘弁!なのですが、お出かけしてない休日の午前中、お風呂上がりの寝る前に、この遊びはおすすめ。というか、勝手にやる。
教えたわけではないのに、布団をみるとインスピレーションが湧いてくるみたい。

最初に始めたのは、たたんだ布団の山を見たときかな。

今はベッドを使う人も多いかもしれません、アレルギーや足などに病気などあるとのある方はベッドの方がいいかもしれませんが、布団は遊びに繋がるよい環境だと思います。
秘密基地づくりのほかにも、マット運動ができますね!布団を毎朝あげる、という片付けの習慣もよいかもしれません。(子どもにできるお仕事づくり 家庭での役割づくりにも)

ベッドから落ちる心配もなしの「ベッドではなく布団育児」をすすめます!

コメント