レオンくん 子どもの工作の記録

ティッシュボックスを使って作っていました。

足はトイレットペーパーの芯。足は、綿棒を中にいれて仕掛けを作っていましたが、思ったような機能にはならなかったようです(回転させたかったのかな?)。

案内ロボットなのかな?

「ねぇ、名前何がいい? レ(-)ン くんだよ。」

「え、じゃ、じゃあ…レオンくん…?(しかなくない?)」

「おっけー!レオンくんね。」

特に意図したわけではないのですが(たぶん、娘はレオンくんをしっているわけではない)、レオンくんが家にやっていました。

※どんぐり倶楽部のキャラにレオン君がいます(・ω・)ノ

コメント