ネットワークビジネス(マルチ)などに思うこと

どんぐり倶楽部や、自然派育児をされている方で、ネットワークビジネスの商品が好きな人は多いのではないか、と思っています。

勧誘を受けるのは好まないのでお伝えしておきたいのですが、私はネットワークビジネスが好きではありません。

商品としては、きっと良いものなんだろうと思いますが、ビジネスの仕組みとしてトラブルがおきやすい構造だからです。

ネットワークビジネスについて知らなかった時に、退職された先輩から「料理教室」に誘われ、それがアムウェイの親類みたいなところ、クイーンクックというアムウェイと同じような高額鍋を使った料理教室でした。

浄水器から鍋までそろえちゃえば100万とかそれ以上とか…

その時の料理教室で
「このつるつるのリンゴ、これは危険なワックスだから、食べても安全な洗剤で洗い流します」

(植物のもっている天然のワックス、知らないのかなあ…問題ないはずだけど…)

「素材がどんなものでも、ふっくら焼きあがります!だから、このお値打ちなめざしでもね…」

(素材はこだわらないの…?)

「きゃあ、気持ち悪い。これ干物じゃないじゃん。うわあ」

「あ、ごめんなさい(材料を準備した生徒さん)」

(素材に対するリスペクトはないんだ…)

「水なしでも調理できる無水鍋!だからほうれんそうも、ほうれんそうの水分だけで大丈夫。栄養がまるごととれるのよ。茹でてから水切り不要!」

(ほうれんそうには、シュウ酸がはいっているので、水にさらしたほうが美味しくいただけます)

 

という、料理をほぼしない私でさえ脳内ツッコミがさく裂する料理教室でした。
ネットワークビジネスをしている人が、どんな思いでしているのかはそれぞれかもしれませんが…
ビジネス!なのか、商品を愛していて伝えたい!のか…

やはり、ビジネスの構造として問題がうまれやすい。(ちなみに無料の料理教室~から、勧誘するのはアウトです)
リンゴとめざしへのリスペクトのなさを垣間見たマルチ商法、私はそれ以来、ネットワークビジネスが嫌いです。

 

人体に優しく環境に配慮した?商品を売っているっぽいマルチの企業たち…

でも、マルチを採用せずにやっている信頼できる商品を販売している企業は外にもあるので、私はそちらを選びます。

たしかに、「マイナス何度の水でも汚れが落ちる!」「こすらず汚れが落ちる!」というのを売りにしているCMをだしている企業の洗剤をみると…それよりは、環境に配慮されている分マシかなとも思うのですが…

児童労働や労働搾取しているような企業よりも、SDGsになっているのかな、とも思いますが…

それにしても、健全な活動をしている商品の販売にマルチ採用していないところを選べばいいのです。

 

マルチと同じように、情報商材、スピリチュアル(をかさに着たビジネス)、資格商法なども問題が起きやすい構造であるようで、私は好きではありません。

ときに、どんぐり倶楽部も スピリチュアル的であったり、資格商法では…?感もあるかと思いますが

正直言えば、スピリチュアル的なのは確かに感じるし、そこはあまりよろしくないのでは、と私は思っています。
自然派育児となじみやすく、自然派のいちユーザーの思想がどんぐり倶楽部と結びついて発信しているだけで、どんぐり倶楽部の本質がスピリチュアルなわけではないんですよねえ(いや、本家もスピリチュアルな…と思うところもある…でも、そこは本質ではないと思っています。先生方で一部スピリチュアルカルト感あるところもありますね。尊敬できる先生方なのですが、スピリチュアルカルト感は私は肯定しません。)
どんぐり倶楽部は、普通の生活に十分馴染む方法です。さんざん言っておいてなんですけど…
自然派育児も悪いわけではなくて、極端だなあと思うところ、一部の人に限るのかもしれません。
裕福層の趣味みたいな自然派育児もありますからねえ…それとも自給自足生活をするとか…なかなか実践するためにはしがらみがありますね。
我が家だと、自給自足生活に臨むならばまず離婚しないといけないかな(笑)。

どんぐり倶楽部の資格商法感 資格…資格商法感…「商法」まではないかなあ。
ビジネスにつながるか、というと、もともと教育系の仕事をされている人が塾経営にどんぐり倶楽部を取り入れるならばいいかもしれませんが(しかし収入がとっても+になるかというとそうではない。子どもにとっては+だと思う。なぜなら、まだ子育てと教育の勘違いがあるから…)
私の場合は、教育系ではない、学歴がないので、どんぐり倶楽部の知名度では公文や学研のようなビジネスに繋がりません(;’∀’)(どんぐり倶楽部はマージンもないのですけどね)
幼稚園児や小学生をみるにつき、ああ、みんな来てくれたらいいのになあ、絶対いいのになあ、と思いますが(笑)←私に自信があるのではなくて、どんぐり倶楽部の方法が優れているから。どんぐり倶楽部以外の教育や子育ての本を読んでいますが、どんぐり倶楽部の理論と実践は、それらと整合性がとれていて、かつ簡単で効果的な方法だと思います。

全然、儲からないので、私は看護師のお仕事の傍ら、半ば趣味のような形でしています。
とはいえ、自分の時間を投げ打ってしまうようなことも違うと思うので(自己肯定感が低めなので自分の価値を低めがち)いずれはビジネスとしても成立するていにはしたいです。(最低賃金をまずは)
でも、知ってほしいし、支援したいなあ。最終的には家庭学習に繋げたいと思っているし、うまくいくならもう最初から家庭学習にしていただいても、全然かまわないのですが…

資格商法の話に戻りますね、これは、私にとっては収入に結び付かないやつですよ!知ってたけれど!Σ(゚Д゚)だから文句もないけど(あれ、だまされてるの???)でも、教室は開ける(*^-^*)怪しいと思われようと…(笑)

なので、誇大広告に騙されているわけでも、就職に結びつくと思ったのに!ということもなく、受けた講義自体も怪しくもないんですよ。研究論文をもとに書かれているような教育系の著書とどれも整合性のとれている内容ばかりで、糸山先生の積み上げてきた知見、集大成のどんぐり倶楽部は完璧だと思います。

とはいえ、私にとって収益をあげている「看護師」資格って偉い。短大専攻科にいってとった「保健師」資格は使えていませんけどね…。これもいつか使いたい気持ちはある…(´Д⊂ヽ

保健師はすごくコストかけてとったからそれをいうなら、ひどい資格だ(笑)

就職に結びつけなかった私の勝手なんだけどさ…
子どもと暮らしいると、保育士資格があったほうが、子どものためのいろんな活動をするのにいいのかななんてことも思うのですが…

資格ねえ、資格ってやっぱり、なんでも魅力的なんだけれど、費用対効果もやっぱり必要だし、きっちり見極めていこう!
まとまりないですが、そんなこんな

参考:資格商法について紹介されているサイトです

どんぐり倶楽部の考えに賛同し第一子が年長の2018年頃よりどんぐり倶楽部を家庭学習に導入 / 導入後しばらくはうまくいかない時期があり同じような誰かをサポートできればと教室を作りました /  普段は看護師として週4日働いており、教室はそれ以外の日程で開いています /  3人の子の保護者として、どんぐりに躓き悩んできたユーザーとして、看護師として、私の学びが誰かを少しでも支援することができればと願っています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。