枠がないと不安

先週は日曜日にどんぐり教室開講しました(^人^)

ところで、私はご近所の地主さんのご厚意で畑を無料でお借りしています

ほぼ人力で開墾から始めて、やっと形になってきた畑です

今収穫できるものは 大根だけ

葉っぱ系は、虫との格闘に恐れをなし敵前逃亡…

薬は使いたくない、益虫の力を借りるスキルはまだないので、やめとく_(:3 」∠)_

結果的に、多種多様…にはならず、大根、スナップエンドウ、玉ねぎ、麦が植わっています

どんぐり教室で、畑の体験もやりたいなあ〜と思っているのですが

お金をとるからにはきちんとしなければ…段取りを組んで…

と思うと、開催できずにいます

そんな感じなのですが、どんぐり教室のあとに、段取りしてないけどご一緒に…と、お声をかけてジャガイモの植え付けをご一緒してもらいました

大根小さいからな〜と思っていましたが、収穫したい!という我が子のリクエストに応えて、子どもには大根収穫もしました

ジャガイモの植え付けは、近所の畑のおじちゃんからダメ出しされて、耕したところを諦め違う場所を再整備(^^;;

ジャガイモだから石灰いらないと思ったけどダメだと言われてしまい(-_-;)

グダグダな感じでしたが 子どもはてんとう虫を見つけ、走り回り、とてものんびりしていい感じでした

子どもの遊びも、教室も、枠をつくらないと私はきっと不安

完璧でないと始められないところがある

でも、完璧なものはない。

拙速上等!で進めていくしなやかさは生きる力の一つ、日本企業にないと言われる力です

日本人の多くは苦手意識を持っています

きちんと、ちゃんと、きっちりと、永遠にたどりつかない完璧を夢見る完璧主義を掲げても苦しくなるだけです

何も始められません

それに、お仕着せの体験会ではなく、畑で生きものたちの息吹を、土の匂いや手触りを感じること、畑仕事をしている大人をみることがいいのかな

と、思うと畑の活動を少しは始めやすく…ふらっと畑に行くくらいでもいいのかな

誰か畑企画担当…_(:3 」∠)-

どんぐり倶楽部の考えに賛同し第一子が年長の2018年頃よりどんぐり倶楽部を家庭学習に導入 / 導入後しばらくはうまくいかない時期があり同じような誰かをサポートできればと教室を作りました /  普段は看護師として週4日働いており、教室はそれ以外の日程で開いています /  3人の子の保護者として、どんぐりに躓き悩んできたユーザーとして、看護師として、私の学びが誰かを少しでも支援することができればと願っています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。